弊社では先日納品した案件で、ANA株主優待券販売サイトを制作いたしました。

こちらのホームページは、基本的にはネットショップになっており、ANAの株主優待券をお探しの方をターゲットにホームページを制作しております。

今回はこのウェルカートでANA株主優待券販売サイトをウェルカートを使って制作したときの問題点やポイントなどについてご紹介をいたします。

ウェルカートを利用

ウェルカート制作

現在ECサイトの制作には複数の選択肢があるのですが、弊社では先日ウェルカートを利用したホームページ制作を行いました。

そのホームページでは、ANA株主優待券販売サイトになっており、基本的にはANAの株主優待券を販売するサイトになっています。

ワードプレスを利用して、商品詳細ページを生成して、そしてそれからウェルカートでショッピングカートに入れるという流れになるのですが、このANA株主優待券販売サイトでは、制作段階から納品後までさまざまな問題が発生したホームページとなりました。

ただ、一応すべてのお客さまの要望はクリアーしていること、そしてユーザがそのホームページに訪れたとしてもしっかりと機能するホームページとなっているので、そこはご安心ください。

制作時の問題

制作時

基本的には弊社では、SEOに強いホームページ制作を謳っております。

そしてこのSEOに強いホームページ制作では、実はかなりワードプレスの仕組みとなるソースコードを最適化することになるのですが、このソースコードの改定が中々期待通りにできなかったという問題が多くあります。

例えば不要であるタグを発見したとしたときに、そのタグを抜くと動作しないなどの問題があったため、完全に最適化できたということができないものになっていました。

また、さらには実はホームページを制作していて、問題点がいくつか発生したので、それをプログラマーに改定するという作業も発生したり、お客さまからウェルカートを利用する際に、現在のホームページのようなホームページは制作したことがないと聞いていたが、これ以上は追加請求は辞めて欲しいと言われるほど、さまざまな問題が発生したのです。

そしてこれらの問題点については、もちろんホームページ制作前に理解できる箇所は予め伝えていたのですが、実際に今回は弊社の勉強不足が原因にしてもさまざまな問題点を含んだホームページになります。

具体的には登録や商品の発想などは問題がないのですが、時間を全員で共通して、全員が同時に購入した場合においては、本来は同じ商品で合っても別の情報をユーザに送らなくてはならないのに、まったく同じ情報を送信してしまうことや、登録データの重複時の対応などになっております。

そのため、これらは実際にANA株主優待券販売サイトを利用するユーザにとってあってはならないバグになっているので、すべて費用を出していただき、プログラマーが改定を行うということを行いました。

その結果何とか形上は問題点を改善したのですが、しかしバージョンアップなどは一切行えないホームページとなってしまったのです。

運営時の問題

運営時

そして次に運営時の問題についてはどうでしょうか。

基本的には、ANA株主優待券販売サイトを制作した際には、運営効率をできる限り高めるようにいたしました。

しかし実際に運営が始まると、このようなカスタマイズができるかなどの要望を多くいただくことになり、こればかりは弊社では対応ができないと感じるものも多かったです。

基本的に確かにウェルカートは既製品になるので、安くホームページを制作できるのですが、しかし反面、効率の最大化であったりなどが少し問題があると思われます。

ただし、オリジナルで構築するよりも安くホームページを制作できたと思いますので、あまり予算が出せないという方はウェルカート、出せる場合にはフルスクラッチでの開発が良いなと感じました。

今後はECサイトはフルスクラッチ

今後はECサイトはフルスクラッチ

そしてこれまでいくつかECサイトを制作してきたのですが、今回のANA株主優待券販売サイトは少し複雑であったため、かなり苦労をした結果になり、今後弊社ではお客さまのご要望は優先しますが、基本はフルスクラッチ開発でECサイトを制作しようと考えております。

やはりECサイトにおいては作業の効率化も一緒に行ったほうがよく、一般的なコーポレートサイトよりも効率的に作業をしていただきたいものになります。

そのため、今後は弊社ではフルスクラッチ開発を提案していこうと思っており、それは今回のANA株主優待券販売サイト様においても、売上が上がったらフルスクラッチで組みなおして作業を効率化しようと提案しています。

ANA株主優待券販売サイトの制作は本当に多くの勉強にはなりましたが、しかし制作段階ではさまざまな問題があり、さらには運営効率は最適化されていないので、これらを最適化することは仕様上難しいので、今後はフルスクラッチ開発に力を入れようと思っております。

そして最後にこちらのANA株主優待券販売サイトさまにおいては現状でも結構売上は上がっており、その集客の大半がSEOになっているので、結果としてはSEOでは問題なくクリアーできたと考えております。