サービスなどのコンテンツの在り方はかなり大切な要素になっていると思います。

それは現在のグーグルが実は類似コンテンツをマイナス評価にとらえているためであり、どうしてもサービスコンテンツだけは、トップページと狙うキーワードでイコールになることが多いのです。

そこで今回は、サービスコンテンツについてどうしても類似コンテンツにはなると思いますが、どのように制作したらSEOで正しく評価されるのかについてをご紹介いたします。

サービスコンテンツの在り方は難しい

SEOを考えるとサービスコンテンツは難しい

例えば弊社の場合ですとホームページ制作やホームページ制作会社などのキーワードは、トップページに集客を考えているのですが、実はサービスコンテンツにもホームページ制作で狙ってはいませんがグーグルが狙っていると判断しかねないコンテンツが出てきております。

これは結構大きな問題なのですが、しかし、だからと言って、このページを削除するというのは現実的ではなく、何かしらの対策は必要になってくると思っています。

このように、多くの会社さまにおいては、特にbtob企業さまにおいては、もちろん作成することは大切なのでどんどん作成したほうが良いのですが、しかしグーグルの判断によって重複コンテンツであるとみなされてしまい、SEOでマイナス評価を受けている恐れがあるのです。

この問題は非常に大きな問題になっており、しっかりと検討をする必要がありますが、現実的にできる施策は限られているのではないでしょうか。

取り敢えず表現を変える

取り敢えず表現を変える

弊社の場合ですとグーグルはウェブサイトとホームページを別の単語として認識しているので、類似コンテンツにならないように表現を変えて制作をいたしました。

そしてこの表現を変えたメリットは本当に大きいものになっていて、実際に弊社の場合は類似コンテンツと見なされていたのですが、現状では検索順位が大きく上がっております。

このようにホームページ制作においては、実はかなり慎重にならなくてはならず、現在のグーグルの悪い点としては、この類似コンテンツがかなりホームページ制作のハードルを上げているということになるのです。

そのため、これらの類似コンテンツについてはしっかりと意識してサービスコンテンツを作成する必要があり、これらをクリアーすることで、御社のホームページはもしかしたら大きく検索順位を上げる可能性があります。

3クリックルール

3クリックルールがある

そしてサービス量が多い会社さまにおいては、サービス一覧ページでさらにカテゴリーごとに分けて、そこから詳細ページへと移動する形を取ることがあります。

この場合においては、実はグーグルはあまり意味がないとは言っているのですが、ホームページ制作のルールとして3クリックルールと言うものがあり、3クリック以内ですべてのページに行けることが大切になっています。

例えばトップページを入口にしたユーザがサービスページへと移動して、そこからカテゴリートップ、そして詳細ページとなると4クリックになるので、あまり良い状態であるとは言えないのです。

そのため、この3クリックルールで考えたときにもし4クリック以上になりそうな場合は、検索システムを導入してユーザの差がしやすさなどを追求していくことで、御社のホームページの成約率は高まると思います。

ただし、この3クリックルールについては、グーグル自体は否定をしておりますので、SEOとしてはほとんど意味がないものになっており、SEOだけを追求するのであれば、そこまで意識をしなくても良いと思います。

しっかりと原稿を書く

原稿はしっかり書こう

そして実際に弊社の事例になるのですが、結構サービスページが多い会社さまにおいては、ユーザのことを考えたら文字数が少なくて直観的に理解できた方が良いと思われることがあります。

もちろんその通りになるのですが、しかしSEOを考えたときにはしっかりと文字数を書くことが重要になってくるのです。

その理由はまだまだグーグルは完璧な検索エンジンではなく、そのページの重要さを判断する指標の一つに文字数を含んでおります。

そのため、ユーザのことだけを考えると1枚の画像で制作しても良いのですが、しかしそうではない場合においては、実はテキスト量を意識して、しっかりと御社のサービスを紹介したほうが良いこともあります。

そしてこのテキストがないページが多ければ多いほどグーグルはSEOとしてマイナス評価に捉えることがあり、最悪のケースではトップページの検索順位にもマイナス評価を与えるようになるのです。

そうなってしまうと、検索順位を上げることが本当に困難になるのですが、さらに問題なのはどのページがSEO的にマイナスかをグーグルが教えてくれないので、サービスページはこれで良いと決めつけていると、一向に検索順位を最適化することができないのです。

このようにサービスページを作成する際には、そのサービスの情報は網羅させることが大切になっていて、これらをしっかりと行うことで、御社のホームページは期待以上の成果を得ることが可能なのです。