ホームページを制作してSEOを行っていると、SEOについて調べられると思います。

そしてそこにでてくる情報によると、ページ数が大切でホームページの更新をとにかくすればいいのかと思われるかもしれませんが、目標なくページを作成し続けることは本当に大変なものになります。

そこで今回はSEOに必要なページ数について、どのようなページをどのように増やしていくのが良いのかについてご紹介をいたします。

ただし、こちらはページ数を楽に増やすのではなく、自分で原稿作成を行い、記事を増やしていただく方法になってきます。

SEOに必要なページ数

SEOに必要なページ数

まずSEOに必要なページ数は何ページになるのでしょうか。

このSEOに必要なページ数について調べると100ページと書かれているのをよく目にしますが、この100ページと言うのは正解ですが間違いでもあります。

このページ数については、基本的には、質の高いページを作成することはもちろんになるのですが、この質とはどのようなものになるのでしょうか。

この質については実は非常に簡単で、文字数が多いこと、そしてそのページで上位表示を狙っているキーワードが重要であると分かるようにすること(主にページの上部の使用比率や全体の比率)、画像を利用すること、表や箇条書き、強調タグを利用すること、そして内部リンクをしっかりと関連するページに張ることになります。

これらをしっかりと行っていくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まって行くのですが、そこで問題が作成するページ数になってきます。

この作成するページ数については、御社が狙うキーワードに関連するフレーズ、例えば弊社であれば【ホームページ制作】がメインになり、【ホームページ制作自分で】などが良く検索されるワードなので、そのよく検索されるキーワードのページを作成することになります。

これらをしっかりと行い続けることで、御社のホームページは飛躍的にその効果を高めるようになるのですが、この作成ページ数については何ページ作成すればいいのでしょうか。

このページ数は狙うキーワードによって異なっており、御社が上位表示を狙うキーワードで検索をしてみて、その時に表示される1ページ目の平均位を狙うと良いでしょう。

ただし、この平均については1つだけ問題点があり、それは現在ありえないくらいのページ数を保有しているホームページもあるので、そのようなホームページを抜いて計測していくことが大切です。

そうすることで、御社が狙うべきページ数がはっきりと分かるので、その目標値をなる早で達成できるスケジュールを立てて対策を行うことで、ホームページの成果は大きく向上いたします。

一気に上げてもゆっくり上げても結果は一緒

ゆっくり上げてお一気に上げても結果は同じ

そしてこのページ作成でいきなりワードプレスに書かずに、ワードやエクセルなどに原稿を貯めて、公開する方もいると思います。

そういう方が気になるのは、一気に100ページアップしてもしっかりと評価してくれるのかという点になると思いますが、もちろん評価はしてくれます。

ただし、1点だけ注意点があり、それはグーグルのインデックスが追い付かないということであり、グーグルはインターネットに公開してもすぐには認識してくれず、ゆっくりと時間を掛けてホームページの情報を認識してくれます。

そのため、基本的には、一気に上げてもゆっくり上げても結果は変わらないものになっているのですが、弊社が進めるのはある程度のボリュームでも良いので段階的に上げていくのがお薦めです。

その理由は更新頻度の向上になっており、例えば100ページの原稿があるとしたときに、一気に100ページをアップすると、グーグルは1日の更新としてしか見てくれませんが、10ページずつ10日に分けてアップすると10日間毎日更新しているホームページであると認識してくれるのです。

もちろんこの結果については、どちらも更新を辞めてしまえば一緒の結果になるのですが、できれば10記事を10日に分けて予約投稿を使ってアップする方が更新頻度の面においては有利になります。

ただし、ホームページの運営をしっかりとしようとお考えの方の場合は、一気に上げることを推奨しており、アップ後からしっかりと毎日あるいは毎週記事を公開していただくことで、更新頻度は最適化されるのです。

まずは100ページ作成しよう

ページ作成を始めよう

このページ数は基本的にはライバルサイトのページ数に合わせることが大切になるのですが、最初からそのような調査を行う必要はなく、まず弊社では100ページを作成していただき、まだネタ的に困らないのであれば、後もう100ページで合計200ページにしていただいております。

そして200ページになった段階で、ライバルサイトを調査して具体的なページ数を把握していくことで、その目標ページ数が現実的なのかを判断することが可能になります。

もちろん無理と判断をすれば、別の対策を行うのですが、その時に別の対策では倍以上の労力が必要になることを把握して判断していく必要があります。

現在のSEOは本当に難しいと言われており、単にページ数を作成するだけでは上げることができず、ページ数と被リンク数そしてどちらも頻度が重要になってくるのです。

これがSEOに必要なページ数の考え方になっておりますので、ぜひこの機会にホームページのページ数を増やしてみてはいかがでしょうか。