SEOとHTMLコーディングの関係についてご存知でしょうか。

このSEOとHTMLコーディングの関係は非常に密接に関わっており、実際に関係がないと言われることが多いですが、しかしソースコードがSEOに最適化されていればいるほど効果を出せるものになっております。

そこで今回は弊社が考えるSEOとHTMLコーディングの関係性についてご紹介をいたします。

SEOとHTMLコーディング

SEOに関係するコーディング

SEOとコーディングは、おそらく弊社が考えるに密接に関わっております。

実際にSEOとコーディングは関係がないという方は確かに多いですが、しかしホームページのテーマは異なりますし、さらにはコンテンツもまるで違いますが、SEOを熟知したコーダーとそうではないコーダーがコーディングを行った際の効果は飛躍的に変わっております。

この効果はなぜ変わってくるかというと、コードを最適化するだけで上位表示できるというのではなくホームページの認識を正しく行えるようになることが要因です。

どういうことかというと、基本的にはコーディングにおいては、正しく記述することで、そのページの情報をグーグルに正しく認識してもらうことが可能です。

そしてこの認識は非常に重要で、せっかく作成したページを正しく認識してもらうことができて初めて、上位表示したいキーワードを正しく理解してもらうことができるのです。

これは一般的に言われている施策になっており、実はもう一つ要素があり、それはクローラビリティーの向上です。

どういうことかというと、基本的にはグーグルはホームページ全体でどのテーマについてどれくらい詳しいかで御社が狙うキーワードでの上位表示を策定しております。

そしてこれらを行うためには、上位表示したいメインキーワードに関連するページをどんどん作成していく必要があるのですが、ここでクローラビリティーが高くないと実は、ページを作成しても認識に相当な時間がかかるのです。

もちろん、一応はすべてのページを認識してくれるとのことですが、実際にこれまで弊社が制作したSEOを全く意識せず制作したホームページを見ていると、結構取りこぼしているページも多いように思われます。

これらの取りこぼしはせっかく苦労して記事を書いたとしても確かにホームページ内の内部リンクを使って移動した人は理解可能ですが、しかし、SEOにはまったく効果がないので、ほとんど成果を出せるようにはなっておりません。

そのため、これらをしっかりと行うことで、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まり、御社の期待を超えるホームページ制作となるのです。

クローラビリティーを意識しよう

クローラビリティー

そしてコーディングを行う際に、ある程度自分でHTMLコーディングやワードプレスの実装ができる方であれば、クローラビリティーと言われるホームページ内のグーグルのプログラムの巡回を意識することが大切です。

これらを徹底して行うことで、御社のホームページは飛躍的に効果を生み出し期待以上の成果を出せるようになるのです。

このクローラビリティーを高めるホームページのコーディングにおいて大切になってくるのが、ソースコードの軽量化とさらには内部リンクの適切な設置になっております。

基本的にはグーグルはソースコード内をプログラムを走らせて、情報収集と次のページへの移動をしているのです。

そしてこれらを意識してホームページのコーディングを行うことで、グーグルは御社のホームページのすべてのページを認識してくれるようになり、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

実際にこれらを意識している場合としていない場合は出はホームページの巡回効率は大きく変わっており、これは弊社のホームページの事例ですが、大体が1記事を公開した後1時間程度でそのページを認識しており、これらは単純にクローラビリティーを意識したホームページのコーディングを実施した効果になっております。

そして基本としてこのクローラビリティーの高いホームページ制作を行うことで、ホームページの運営量は最小化されるため、少ない運営量でSEO効果を出すことが可能になっており、期待以上の成果の出るホームページ制作となるのです。

弊社は、ホームページ制作会社でこれらのSEOを考慮したホームページ制作のコーディングを提供し、本当にSEOに強いホームページ制作としております。

もちろんこのクローラビリティーを考慮したホームページ制作だけで順位が上がるということはレアなケースになっており、どちらかというと、しっかりと更新作業を行っていただくことで、少しずつにはなりますが、SEO効果が上がっていき、最短で半年後には非常に多くの訪問者を集客できているホームページ制作になるのです。

そのためSEOに強いコーディングを行えば必ずホームページ制作がSEOに効果的と考えるのではなく、ホームページ制作後にしっかりと運営を行うことで、御社のホームページは非常に多くの検索エンジンユーザを集客可能です。