ホームページリニューアルを行う際に、各種データは見ているでしょうか。

新規のホームページ制作と比べ、ホームページリニューアルは実は現状の効果を引き継げる点や、さらには問題があるページを改善することができるので、非常に成果を出せる可能性が高いのです。

そしてホームページ制作会社によっては、ホームページ制作後にホームページ運営を効果的に行う方法をレクチャーしてくれるので、本当に成果の出るホームページ制作が可能となっております。

そこで今回は、これからホームページ制作を行われる方のために、ホームページ制作と各種データについてご紹介をいたします。

ホームページリニューアルのデータ

ホームページリニューアルのデータ

まず初めに、ホームページリニューアルと各種データと言っても何のデータを見たらいいのでしょうか。

これについては細かく言えば複数あるのですが、理解しておくポイントとしては、グーグルアナリティクス、グーグルサーチコンソール、ビングウェブマスターツールのデータと、現状のホームページのすべてのページのタイトルとURLが記載されたデータとなっております。

これらを利用することで本当に成果の出るホームページ制作が可能になっており、こちらのデータをしっかりと活用していくことで、御社のホームページリニューアルはほぼ間違いなく成功するのです。

弊社ではこれらのデータを利用したホームページリニューアルを提供しており、数多くのホームページで成功へと導いてまいりました。

ただ、このホームページリニューアルにおいては、そのホームページのリニューアルをしっかりとお客さまも検討して、対策を行うことが重要になっております。

アクセス解析グーグルアナリティクス

アクセス解析グーグルアナリティクス

まずホームページリニューアルを行う前に見て頂きたいデータがグーグルアナリティクスのデータになっております。

こちらのデータは単に訪問者の検索キーワードだけを見るのではなく、現状で訪問者数が多いページや直帰率が高いページなどをエクセルで確認してソートなどを掛けながら、効果的なページと問題のあるページをカテゴライズして、効果的なページはそのままリニューアル後のホームページでも活かし、問題のあるページは大幅改定を行うことでホームページの成果は最大化するのです。

そしてこれらを徹底化していくことで、お客さまのホームページ制作は飛躍的に高まり、期待以上の成果を出せるようになるのです。

そのため、アクセス解析は普段のホームページ運営管理の中でも大切ですが、ホームページリニューアルにも重要になっていると理解してホームページを制作していくことが重要になるのです。

グーグルサーチコンソールとビングウェブマスターツール

グーグルサーチコンソールとビングウェブマスターツール

次にグーグルアナリティクス以外のデータも利用します。

そのデータはグーグルサーチコンソールとビングウェブマスターツールになり、これらのデータを確認して、多くのホームページ制作ではこれらのデータでエラーが出るということはあまりありませんが、しかし、一応確認して置き、これらのエラーデータがある場合は、リダイレクトも含めれてくるので、しっかりとエラー数を減らすあるいは現状維持になるようにリニューアルを行います。

ただし、ここについてはリダイレクトは増えることになるので、それ以外の問題点で改善できる箇所をしっかりと改善したホームページといたします。

また一般的にはXMLサイトマップなどはすでに送信されていると思いますので、そのXMLサイトマップのアドレスなどを確認して、同じ形で設置できるようにすることで、グーグルの認識速度をより高めることが可能です。

こちらのグーグルサーチコンソールやビングウェブマスターツールについては、基本的にはグーグルアナリティクスのサブとして利用するポジションになっております。

リダイレクト用のファイル

リダイレクト

そしてホームページリニューアルにおいて最も難しいのがリダイレクトになっております。

このリダイレクトにおいては、ホームページリニューアルではコンテンツの最適化なども行うので、なるべく中ページのURLを変更せずには行いたいですが、実際には結構な頻度で変更されてしまうことがあります。

そのため、これらのリダイレクトをホームページリニューアル中からしっかりと定めていくことで、本当に成果の出るホームページリニューアルになると思われます。

このリダイレクトについては、ほぼすべてのホームページで必須になっており、リニューアルすることで、それぞれのページのSEO効果の80%程度を引き継げるものになっているので、SEOを少しでも意識をするならば必須となっております。

そしてこれらを徹底していくことで御社のホームページは飛躍的に成果を生み出し期待以上の成果を出せるのです。

稀にリダイレクトをせずにホームページリニューアルをしたら成果が下がったということがありますが、これらはリダイレクトをしていないことが原因になるので、しっかりとホームページリニューアル後には、リダイレクト設定を行うようにしましょう。