ランディングページはまだまだ人気のあるホームページ制作になっています。

実際に弊社のお客さまの中にも、SEO対策を継続して行っていただいていますが、しかし、現在のSEOは非常に労力がかかるので、取り敢えず別の方法も合わせて行いたいということで、リスティング広告を検討されている会社もいらっしゃります。

このリスティング広告を行う際に大切になってくるのが、ランディングページの制作になっており、このランディングページを制作することで、ホームページは期待以上の成果を生み出すようになるのです。

しかし、実際にランディングページの制作はそれなりに料金がかかるものになっていて、大体いくらくらいで制作が可能なのでしょうか。

そこで、少し古い情報ですが、ランディングページの相場について記載があったホームページがございますので、今回はランディングページ制作の料金相場についてご紹介をいたします。

ランディングページとは

ランディングページとは

ランディングページとは、見たことがある方も多いと思いますが、1ページのホームページになっており、このランディングページを制作することで、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

どういうことかと言うと、ランディングページでは基本的にはページ遷移は行いません。

おそらく見たことがあるかと思いますが、グーグルの検索結果に表示されている中で、上位の広告枠をクリックすると異常に縦に長いページを見たことがないでしょうか。

この広告でクリックしたときに表示されるホームページでかつ縦に長いページをランディングページと言い、このランディングページはしっかりとストーリーを検討してコンテンツを作成することで、ホームページの成果を飛躍的に高めることができるのです。

ランディングページ制作の料金相場

ランディングページ制作の料金相場

では、このランディングページの料金相場は大体どれくらいになっているのでしょうか。

これについては、会社によって異なっており、弊社の場合ですと大体ですが、50万以上100万未満の制作費になっています。

この料金については、実際にそのページにどれくらいのコンテンツを掲載するかが大切になっていて、弊社の場合だと、大体のストーリーのテンプレートがあるので、それにならってランディングページを作成した場合においては、大体が上記のような料金体系になります。

しかし、実際のところについては、かなりランディングページは内容によって料金が変わるものになっており、さらには作業時間に対する料金についてはそのホームページ制作会社によって異なっております。

http://design-47.hateblo.jp/entry/LP

こちらはランディングページ制作の料金相場をまとめたページになっており、こちらのページを見るとそれぞれの会社で料金を打ち出しているのですが、実際にその会社でなければ正確な費用は異なりますが、しかし、さまざまな料金体系で行われていると思います。

格安の会社は50,000円程度との記載もあるのですが、しかしそのような会社も50,000円ではおそらく御社が希望するランディングページ制作は行ってくれないと思われ、上記ページを見た限りで言えばですが、150,000円からという制作費が必要になってくると思います。

ただし、150,000円の場合においては、実は1日あたり50,000円だったとすると3日で仕上げないといけないので、ほとんど成果を考えずに、闇雲なデザイン作成を行うことが一般的ではないでしょうか。

そのため、このランディングページ制作においては、大体弊社の場合においても安くて500,000円となるように、めちゃくちゃスムーズに進んで実務時間が10営業日フル稼働と言う計算が妥当ではないかと考えており、これらをしっかりと行うことで、本当に成果の出るランディングページ制作になるのです。

ランディングページ制作費が高すぎる

ランディングページ制作費は高い

そして立った1ページの制作となる場合にランディングページ制作費が高すぎると考える方もいらっしゃると思います。

この500,000円と言うのは、スマホ対応を込みの料金にしており、もしこの費用が合わないというときはスマホ対応のレスポンシブウェブデザインを削除しても良いと思います。

基本的にはランディングページについてはSEO対策を行う必要がなく、広告のための入り口ページである前提があり、下手をすれば検索結果に表示されなくても良いのです。

そのため、レスポンシブウェブデザイン作成を辞めて、PCサイトだけを制作することで、期待以上の成果を出せるランディングページ制作になるのです。

ただし、2021年にグーグルはスマホ対応していないホームページを検索結果から除外すると言っているので、広告は確かにスマホ対応をする必要がありませんが、本当に検索結果に表示されなくなっても問題がないランディングページの場合は、ランディングページ制作料金を抑えるために、PCサイトだけを制作していくことがお薦めです。

もちろん後から料金は多少上がりますが、レスポンシブウェブデザイン作成を導入することも可能ですので、方向性が変わった後に対応することで、最初の初期コストを抑えたランディングページ作成が可能になります。

作らないという選択もできる

ランディングページ制作を行わないという選択

リスティング広告の予算をいくらにするかと言う前提もあるのですが、もしそこまで広告予算を書けない場合は、ランディングページ制作を行わないという選択も可能です。

基本的には、ランディングページ制作費は非常に高いものになっているので、コストを抑えるのであれば、制作しないほうが良いのですが、しかしランディングページ制作はその効果は飛躍的に高いものになってくるので、できれば制作したほうが良いものになっています。

そのため、広告予算と成果の割合によっては制作せずにホームページへと集客してしまうという選択も可能になっているのです。

このバランスについては、弊社の場合は制作しましょうと話をしますが、実際のところは料金と成果のバランスをホームページ制作会社と相談をして決めると良い結果を得ることが可能です。