ホームページを制作したらそれで終わりではありません。

ホームページを制作した後に、しっかりと2つのツールを導入することでそのホームページの運営効率を飛躍的に高めることが可能になるので、最小の努力で最大の成果を得ることが可能なのです。

そのため、これらの二つのツールはホームページ制作において必須になるのですが、これらのツールを両方入れているホームページは比較的少ないように感じます。

そこで今回はホームページを制作したら必ず導入したいホームページ運営効率を高める2つのツールをご紹介いたします。

ホームページ制作後の2つのツール

ホームページ制作後の2つのツール

ホームページを制作したら必ず導入したい2つのツールがあります。

これらのツールを導入することでホームページ制作の成果を最大化できるだけではなく、実はホームページ運営効率を飛躍的に高めることが可能になっており、しっかりと必ず導入いただきたいものになっております。

この2つのツールをご紹介すると、XMLサイトマップとロボットテキストと言われるツールになっており、これらのツールは本当に重要なツールになっており、これらを導入すればいきなり成果が向上するということはないにしてもしかしホームページ運営を行い続けているとその効果は歴然の差が生まれるのです。

そのためこれらの2つのツールは必ず導入したほうがよく、そしてこの導入においては実際にそこまで複雑なものになってはおりません。

ではそれぞれのツールを1つずつご紹介いたします。

xmlサイトマップ

xmlサイトマップ

まず初めにxmlサイトマップをご紹介いたします。

https://www.sevendesign.biz/sitemap.xml

こちらは弊社のホームページ制作会社のXMLサイトマップになっており、このXMLサイトマップには基本としては最終更新日とURLが記載されただけになっております。

そしてこれらは実はワードプレスで制作されたホームページであれば、プラグインが自動で吐き出してくれるものになるので、実際にそこまでの工数はかからないものになっております。

そしてこれらのツールの使い方が分からない場合においても最悪ですが、手動でも作成することが可能になっておりますが、しかしグーグルは原則手動での作成はあまり推奨していないので、しっかりとホームページ制作会社に相談をして自動吐き出しとするのが良いでしょう。

そしてこれらを見てきた限りで言うと、このXMLサイトマップはしっかりと導入されているホームページが多いと思われますが、しかし実際に中には存在しないページを記述してしまっているホームページもあります。

しかしこのXMLサイトマップは基本的にはグーグルはページ発見に2番目に重要視していると言っている通り、正しい情報を送信しなければならず、これらをしっかりと行うことで御社のホームページは飛躍的にその効果を高めるのです。

ロボットテキスト

ロボットテキスト

そして多くの会社さまで導入していないのがロボットテキストになります。

https://www.sevendesign.biz/robots.txt

こちらは大阪のホームページ制作会社のロボットテキストになっており、このロボットテキストは一言でいうと検索エンジンの指示書になっております。

例えばこのページは見なくて良いや、このページはしっかりと巡回して欲しいなどの指示を細かく記述することが可能になっており、もちろんまったく指示がない場合にはなくても良いと思われてしまうかもしれませんが、しかしそのようなことはありません。

どういうことかというと、基本的にこのロボットテキストは検索エンジンへの指示書きになりますが、合わせてXMLサイトマップの保管場所を記述できるのです。

そしてグーグルはこのロボットテキストを初めに確認してくれるので、そこにXMLサイトマップの記述場所が記載されていることで、グーグルはすぐにサイトマップの保管場所を把握でき、御社のすべてのページを認識できるようになるのです。

そのためこれらをしっかりと行うことは本当に大切になっており、XMLサイトマップと合わせて制作していくことで本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

XMLサイトマップとロボットテキストを作成

XMLサイトマップとロボットテキストを作成

このようにXMLサイトマップとロボットテキストの作成は本当に重要になっております。

基本的にはこれらのツールを導入すれば成果が出るということはありませんが、しかし、これらのツールを作成して導入し、そしてホームページ運営をしっかりと行うことで御社のホームページは飛躍的に成果を高めます。

もtRonこれらのツールは基本的にはホームページ制作会社が勝手に導入してくれますが、実際にこれらの存在を知らないと、制作後にチェックができない可能性もあるので、しっかりとこれらの二つの存在を理解してそしてホームページ制作会社が制作したホームページでしっかりと導入されているかを確認することで期待以上の成果の出るホームページ制作となるのです。