ホームページ制作実績は必要かどうか。

実際に弊社ではそこそこですがお問い合わせをいただいているのですが、その割にホームページ制作実績の訪問者数が少ない傾向があります。

その理由は、多くの方が実績を見ずに、ホームページ制作会社かと言う判断で、お問い合わせをいただいている傾向が強いように思われます。

そしてなぜこのような話になったのかと言うと、一般的にはホームページを制作する際に実績コンテンツや事例コンテンツを作成することは普通のことになるのですが、しかし見てもらえないなら必要がないのではないでしょうか。

そこで今回はホームページ制作会社の制作実績を事例に、実績や事例コンテンツは必要かどうかについて検討をしています。

ホームページ制作実績が見られていない

ほとんど実績を見て貰えてない

弊社はホームページ制作会社になり、ホームページ制作実績コンテンツを作成しております。

そして弊社ではホームページにはグーグルアナリティクスを入れて効果を計測しているのですがこのグーグルアナリティクスの結果を見るとほとんど実績ページを見て貰えていないということが分かります。

これは非常に残念な結果であるということが出来、このページを作成するのに結構時間を取られていたので、ぜひ見ていただきたいコンテンツの一つになっています。

そして弊社ではなぜ見てもらえないのかを検討したのですが、ユーザの動きを見る限りは、「入口ページ→お問い合わせ→お問い合わせ確認→お問い合わせ完了」あるいは、「入口ページ→電話」と言うユーザが多いのではないかと結論づけました。

その理由は実際にお問い合わせ数は多いことはないですが、一般的な量のお問い合わせ数をいただいており、全く効果がないということはないので、この制作実績を魅力的で一度見て見たいと考えるユーザが少ないのではないかと思いました。

そして試しにトップページに実績を掲載して訪問者を実績ページへと誘導してみることを試してみたのですが、実際にそのリンクはスルーされており、誘導が失敗に終わったという結果になっております。

これは結構大きなポイントであると考えており例えば営業活動の中で実績を話しながら、うちの実績のある企業さまではこのような施策を行い、そして成功していましたと話をすることがあるのですが、ホームページの場合は実績企業の社名やリンクを出しているので、そこまで具体的な話をするということはありませんが、しかしお問い合わせをしてもらうための重要コンテンツになります。

そしてホームページ制作実績においては、当然お客さまのホームページ制作でも提案しているコンテンツになるのですが、当然お客さまにも実績コンテンツを提案しております。

しかしアクセスがないのであれば、制作する意味もなく、そして制作しなければ弊社の事例で言えば10万単位のコストを浮かせることができるので、非常に費用対効果としては高い対策になっています。

SEOとして効果を出している

しかしSEOで成果を出していた

そしてこれらのコンテンツを必要か不要かを考える際に実はSEOとして結果を出しているので、削除はないと思っております。

もちろん爆発的な数のユーザは集客できていないのですが、株式会社〇〇のホームページなどの検索で弊社のホームページに集客できている方もちょこちょこいらっしゃります。

この検索ワードはどういったニーズになるのかを検討したところ「このホームページいいなうちも作りたい」と言うニーズが含まれていると思われるので、もしそうであれば非常に成約率が高いコンテンツとしてホームページ制作実績は生きてきます。

実際に競合他社と比較したときに御社のデザインが良かったと言われたこともありますので、多くはないですがそういったニーズのユーザもいるので、これらのニーズのユーザをしっかりと増やしていくことでホームページの成果は最大化するのです。

今後も実績・事例は提案する

実績・事例は提案必須

上記が弊社のホームページ制作実績について検討をしたことで、その結果を受けてお客さまのホームページでもやはり実績や事例は検討する予定をしております。

たとえ初期コストが10万程度上がったとしてもそれで年2回の成果があればおそらく十分にペイできるレベルになると思いますし、さらには実績が増えれば増えるだけ訪問者数も増えると考えております。

そしてホームページ運営は非常に大変なものなのですが、この実績コンテンツがあることで、ホームページを制作したらその実績が掲載できるので、少なくともホームページの更新作業にもなるのです。

そのため、今後も弊社は実績コンテンツをしっかりと制作して、効果を出そうと考えており、もちろんお客さまに対してもこれまでと同様に実績コンテンツの更新レクチャーやその効果を説明する予定をしております。

ホームページ制作実績はアクセス数が少なくてもしっかりと制作する必要があり、そしてそれは検索エンジンがある以上は必須ではないでしょうか。