ホームページを制作する際に、もちろんホームページ制作会社に依頼するのが一番安全策にはなりますが、ホームページ制作会社に依頼するとそれなりにまとまった予算が必要になりますので、自分でとりあえずテンプレートを利用してホームページを制作しようという方もいると思います。

その場合にホームページ制作は目的設定をしっかりとしたほうが良いのですが、しかし自分だけでそれらを行うことは難しいので、最低限ホームページを制作したらどこから人を集めるのかと言うのだけは考えておきましょう。

これについて一般的に多いのが、SEO対策になっていると思いますので、今回はホームページ制作時のSEOにおいて超基礎知識としてここだけは気を付けておこうという点をご紹介します。

テンプレートは最近優れている

現在のテンプレートは優れている

まず、現在のホームページ制作にはSEOは必須です。

まず初めにフリーブログであれ、ワードプレスのテンプレートであれ、最近のテンプレートは優れています。

そのためそこまで意識をする必要がなく、しっかりとホームページを制作して、その後運営を行うだけで成果を出すことが可能です。

ただしその際にいくつかホームページ運営上のルールを定める必要があり、これらだけはしっかりと守ってホームページ運営を行わなくてはなりません。

実際に当ブログなども、まだまだ記事数は少ないですが、あるキーワードで検索をすれば記事ページが上位表示されており、さらに当ブログにおいてはそこまでSEOを狙っていないのですが、それでも上位表示が可能になっております。

そして基本的には、当ブログでは1記事1リンクのルールで運営をしており、当然当ブログのSEO効果が高ければ、リンクの価値も高まるので、サテライトサイトとしても効果を出すことが可能です。

では、その更新方法はどのようなものになるのでしょうか。

適切なタグのホームページ運営

適切なタグでホームページ運営

まずタグを適切に利用するようにしましょう。

基本的にチェックすべきポイントは、「タイトルタグ」「ディスクリプションタグ」「URL」「見出しタグ」「画像・文字数・強調・表・箇条書き」の5点になります。

タイトルタグ

まずタイトルタグについてですが、これについてはわざわざ調査までをする必要はありません。

この調査については確かに行ったほうが良いのですが、しかしテンプレートを利用するホームページの場合はまだ更新い慣れていない方が多いと思いますし、さらにはこの調査を行わなくても、コンテンツ量でカバーすることが可能です。

このタイトルタグは、基本的にはユーザーが気になるであろうタイトルでページを作成することがよく、調査はしなくていいのですが、しかしそのページで上位表示を狙うキーワードだけは定めておくと良いでしょう。

これらをしっかりと定めてホームページの新規ページを作成することで、基本的には作成したページが同じキーワードで上位表示を狙うということはなくなりますので、その効果は飛躍的に高いものになってきます。

また、タイトルを定めるのに時間を掛け過ぎると、本当に大変なのは記事を作成することになるので、更新がスムーズに進みませんので、御社の業種に関連するキーワードであれば問題がなく、ここで意識するのは、他のページとかぶらない、そしてあまり長くならないことだけは気にしていきましょう。

ディスクリプションタグ

ディスクリプションタグとは、検索結果ページに表示される3行のテキストになっており、この3行のテキストについては実は設定することが可能なのです。

そして基本的にはグーグルは、ディスクリプションタグは、SEOとの関連性がないと言っていますが、しかし多くのSEOで成果を出しているホームページではしっかりとメタディスクリプションタグを140文字から150文字の間で作成しているので、御社もしっかりと作成すれば良いでしょう。

その際に注意点としては、多すぎるのは問題ですが、140文字台に固執する必要はなく、100文字から150文字の間であれば良いと考えておくようにしましょう。

理想を言えば140文字ですが、ここで時間を取られてしまうと肝心のページ作成ができないということがありますので、しっかりとこれらを理解して対策を行うことで、御社のホームページは飛躍的にその効果を高めます。

URL

URLについては基本的にはなんでもいいのですが、しかしあまりに長いURLの場合はグーグルのデータベースの圧迫をしてしまうので、適切な長さにすると良いでしょう。

さらにメールなどでアドレスを送る際にあまりに長いとスパムっぽいと思われるかもしれませんので、適切な長さにすることで、ホームページの成果を最大化することが可能です。

見出しタグ

そして次に見出しタグがあるのですが、これについては、まず1記事をテスト的に公開して、そしてそのページのソースコードを表示させてください。

そして検索機能を使ってその利用しているテンプレートがどのようなhタグの利用をしているかを調べる必要があり、例えばh1タグがすでに利用されている場合は、h2タグからの記述を行うことが大切です。

このhタグの利用についてはかなり密接にSEOと関わっているので、まずは自分が利用しているテンプレートのh構造だけは明確に把握しておいて、そして文法にならい、ホームページ内に新規ページを作成することで、御社のホームページは期待以上の成果を得ることが可能になっています。

画像・文字数・強調・表・箇条書き

そして最後に、画像・文字数・強調・表・箇条書きを利用するようにしましょう。

画像と文字数と強調については、基本的にすべてのページに対して、そして表と箇条書きは利用するタイミングがあれば利用するという形にすると良いでしょう。

これらをしっかりとルール化してしまい、更新作業を行うことで、御社のホームページは本当に効果的なものになり、期待以上の成果を出せるようになります。

ちなみにこれらはプラスアルファの要因になっており、最悪のケースではなくても問題ありませんが、弊社ではどうせページを作成するのであれば少しでも成果を出したほうが良いと思っていますし、原稿作成と画像などを利用する時間を考えれば、画像などを用意したほうが効率的であると思っております。

これらを守り運営しているだけで成果を出せることもある

このホームページ運営だけで成功することもある

上記がSEOに必要な施策方法になるのですが、もちろんSEOにはその他にもさまざまなルールが存在しているので、これだけやれば成果を出せるということはないのですが、しかし上手くいくとこれだけで成果を出せることもあるのです。

そのため、しっかりとこれらを行うようにして、対策を取ることで、御社のホームページは期待以上の成果を出せるようになります。

SEO対策は現在多くの会社さまがどうすれば良いか分からないとお悩みのものになっているのですが、しかし基本的にはしっかりとホームページ運営を行うことになっており、まずは上位表示まで上げるために、大変な努力をする、そして上がれば通常のホームページ運営をしていくだけで良いのです。

たかがウェブと思って、ホームページ運営担当者を余力があるのに1名しか付けないという会社さまも多いのですが、ホームページ制作会社の意見としては、最低でも3名は欲しいと思っており、できる限り多くのホームページ運営担当者を付けて、対策を取られるのが良いでしょう。

もちろん1名だから成果が出せないというのではなく、3名の方が1人当たりの努力量を減らせるという意味です。