ホームページ制作後には、必ずグーグルサーチコンソールを導入しなくてはなりません。

このグーグルサーチコンソールの導入は、ほぼすべてのホームページに必須になっておりますが、これらのツールは実はあまり正確なものではありません。

正確ではないというと少し語弊があるのですが、ある日突然しっかりと対応をしているにも拘らずエラーが表示されたりすることがあるのです。

そこで今回はこのグーグルサーチコンソールのエラーについてご紹介をいたします。

グーグルサーチコンソールのエラー

グーグルサーチコンソールのエラーに注意

弊社ではホームページを制作したら必ずグーグルサーチコンソールを導入しております。

このグーグルサーチコンソールにおいては、少しでも検索からの訪問者を考えるホームページにおいては必ず導入したほうが良いものになっており、これらを利用することで、100%とは言えませんが、なぜSEOで成果が出ないのかを知ることができるのです。

そのため、弊社ではホームページを制作したらすべての会社さまに導入をしており、これらをしっかりと導入して初期設定を行うだけでもSEO効果を最大化することが可能になります。

そしてこのグーグルサーチコンソールにおいては、SEO上の致命的なエラーがあればそれらを管理画面内に表示、あるいはメール送信をしてくれるのですが、このメール送信で来るエラーについては少し問題があります。

エラー出なくてもエラー処理される

エラー出なくてもエラー処理

この問題とは、弊社のお客さまでも結構あってその都度弊社にお問い合わせをいただいたのですが、エラー出なくてもエラーとしてメールが送られてくることです。

最も多い間違えたエラーはモバイルユーザビリティー上の問題になっており、最近はあまりそのようなお問い合わせをいただく機会も減りましたが、しかし弊社のホームページでは定期的にエラー表示をされております。

しかしこのエラーがあったときにグーグルサーチコンソールではなく別のグーグルが提供するツールでモバイルユーザビリティーのチェックをすると、しっかりとモバイルフレンドリーであると表記されるので、どちらが正しいかを最初のころは結構悩みました。

グーグルサーチコンソールのエラーは、このようにグーグルサーチコンソールはエラーでも、その他のグーグルが提供するツールではエラー出ないことがあり、モバイルユーザビリティーにおいては、実はグーグルサーチコンソール側のエラーが間違えているということができるのです。

もちろん100%間違いとは言えませんが、しかし現在弊社のホームページ制作では、モバイル対応のために基本的にはすべてのホームページでレスポンシブウェブデザインでの制作を行っておりますので、ほぼあり得ないエラーとなっております。

また、多いのがモバイルユーザビリティーのエラーになるのですが、実は他にも間違えた表記をしていることがあります。

カバレッジの除外

カバレッジの除外

そしてこれらはメールでは送られてこないですが、結構カバレッジの除外では間違えたページがランクインされております。

特に弊社が直しようがないと悩んだのが、ソフト404のエラーになっており、このソフト404のエラーは特に普通にホームページを制作していても表示されるものになっていて、これらのエラーが出てくるホームページの改善策を必死に考えて、無駄な作業を多く行った経験があります。

しかし、これらのソフト404エラーのページは複数あったのですが、そのうちの半数の会社では実はある日突然ソフト404のページが0件になっていたので、これもグーグル側のエラーミスだと思われます。

このようにグーグルサーチコンソールのデータは確かに大切なものになりますが、しかし完璧なものではないと理解をしていく必要があり、ここの改定に予算を使ったり検討時間を使うことは本当に難しいものになっております。

エラーがあればホームページ制作会社に相談

エラーがあればホームページ制作会社に相談

そしてこのようなエラーが出てきた場合に、まずお客さまが行うことは、ホームページ制作会社への相談になっています。

そしてこの相談を行っても全く解決法が出てこなかったら、もうそれはグーグルサーチコンソール側のミスであると仮説を立てるのもありだと思っております。

実際にソフト404のエラーについては、弊社もそれぞれの会社で基本的なホームページ制作法は同じにも拘らずソフト404エラーが出てくるホームページと出てこないホームページがあったのでこれらは当時は必死に直そうとしていましたが、本当に時間の無駄であったこと、そしてお客さまには無駄な予算をかけてしまったと反省しております。

そのため、エラーがあった場合には、まずはホームページ制作会社に相談をしてみて、そしてそのエラーの改善方法を提案してもらい、その提案内容でこれで改善されるか分からない場合は、もちろん知識不足のこともあるかもしれませんが、基本的にはそれらの作業をやる必要がないと思われます。

そして実際に弊社の場合は、長いホームページで2年ほどソフト404エラーが出ていたのですが、ある日突然そのソフトエラーが消えたという事例があるので、おそらく他のホームページも放置していればそのうち消えると思っております。

このようにもちろん問題がある箇所は直すことは必要ですが、その改善をホームページ制作会社がなぜか分からない場合は、おそらくグーグルサーチコンソール側のミスだと判断をして、その予算や労力を別の対策に向けることがオススメになります。