グーグルサーチコンソールをご存知でしょうか。

グーグルサーチコンソールとは、検索エンジンのグーグルが提供するウェブマスターさま向けの支援ツールになっていて、このグーグルサーチコンソールを導入したからと言って必ずグーグル検索で上位表示できるということはありませんが、初めてのホームページ運営の方にはかなりお薦めになってきます。

その理由は、グーグルサーチコンソールを導入することで、ホームページの情報を適切にグーグルに伝えることができるので、ホームページの成約率を飛躍的に高めることができるためです。

そこで今回は、このグーグルサーチコンソールについてご紹介をいたします。

グーグルサーチコンソールって何?

グーグルサーチコンソールって何?

まず、グーグルサーチコンソールの効果性などについて説明をする前に、グーグルサーチコンソールとは何なのかについてご紹介をいたします。

グーグルサーチコンソールとは、検索エンジンのグーグルが提供するホームページの得にSEOの支援ツールになっています。

どういうことかと言うと、グーグルサーチコンソールを確認することで、グーグルSEOに大切なページインデックス速度を高めることができることと、さらにはそのSEOの効果分析までできるものになっているのです。

基本的には現在のSEOは本当に難しいものになっていて、ホームページ制作会社やSEO会社ができる精々の施策は、「SEOに最適なホームページを制作すること」と「ホームページの運営をサポートすること」だけになっており、これらは確かにSEOにとって重要な要素になるのですが、しかし、SEOに最適なホームページを制作すること自体はお客さまの労力はかかってこないのですが、しかし、ホームページ運営はすべてお客さまの労力になってきます。

そのため、この運営を最大の効率化を図る必要があり、そのために必要なのが、グーグルサーチコンソールになるのです。

実際に弊社のホームページでもSEO対策を行っているのですが、せっかく1ページを作成するのであれば、SEOに効果的な方が良いのは当然なので、これらをしっかりと対策していくことで、御社のホームページは期待以上の成果を得ることが可能になるのです。

導入は簡単

導入法は本当簡単

このグーグルサーチコンソールを入れようと考えたときに、導入方法が難しそうと考えられる方もいると思いますが、しかしグーグルサーチコンソールは本当に簡単に導入することが可能です。

グーグルサーチコンソールにおいての導入方法は、導入したいホームページのアドレスをうち、そしてその後にグーグル側にこのホームページは自分が運営していると伝えるためのタグを入れることやファイルをアップするだけで可能になります。

そのため、まったくパソコンを使わないやインターネットをしないという場合には難しいかもしれませんが、普段からある程度インターネットを利用されている場合においては簡単に導入できるので、ぜひ導入していくようにしましょう。

作業は実は結構簡単

そして作業も簡単

グーグルサーチコンソールを導入して、行う作業は立った3つになります。

最初に2つの作業を行い、後1つの作業はホームページの更新をするたびに行うことが大切です。

XMLサイトマップの送信

まず初めにグーグルにXMLサイトマップを送信します。

こちらは、本当に簡単に行えるものであり、さらには一度送信したらグーグルが後は自動で収集してくれるので、そんなに大変な作業もないので、ホームページを制作したら、XMLサイトマップを送信すれば後はすることがありません。

そのため、ホームページを制作して、グーグルサーチコンソールを導入したら、しっかりとこれらの登録作業を行うことで、御社のホームページは期待以上の成果を得ることが可能になります。

エラーの改善

次に、カバレッジ>除外からエラーのページの改善を行います。

ここですべてを改善する必要はないのですが、直せそうな箇所についてはしっかりと改善していくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

ただし、このエラーの改善は、グーグル検索やツイッター検索を見ていると、結構初級のSEOになっているようなので、直せる箇所についてはSEOの第一歩として直しておくと良いでしょう。

ただし、ここで理解をしていただきたいのは、この改善を行ったところで、ホームページのSEO効果を決めるのはコンテンツで、グーグルがサイト内の巡回効率が上がるというものになっているので、確かにこれらを行うことで、グーグルのホームページの認識が高まりますが、そもそも新規ページを作成していなければまったく意味のないものになってくるので、それだけは理解をして対策を取ると良いでしょう。

URLの送信

そして最後にURLの送信機能があり、この機能は基本的にはすべてのページに行う必要があり、新規ページを作成したり大幅にコンテンツ内容を変えたときにはその該当のページのURLをグーグルに送信しましょう。

そしてこの作業は、基本的にはSEOとかなり密接にかかわっているのですが、しかしこの送信を行わなくても、時間が経てばしっかりとグーグルは認識してくれるので、そこまで固執してURLを送信する必要はないと思います。

SEOをしているならグーグルサーチコンソールを導入

グーグルサーチコンソールを導入しよう

もし、御社が現在SEO対策中であれば、必ずグーグルサーチコンソールを導入しましょう。

もちろんグーグルサーチコンソールを導入しただけで成果を高めることができませんが、しかし必ずSEO作業の効率化には繋がります。

これらをしっかりと行うことで御社のホームページは期待以上の成果を生み出しますので、しっかりと対策を行い、そしてグーグルサーチコンソールを利用することでホームページのSEO効果は飛躍的に高まります。