今やホームページを制作したら当たり前のように導入されるグーグルアナリティクス。

このグーグルアナリティクスは現在のホームページ運営においては必須のツールとなっており、このツールを駆使していくことで本当に成果の出るホームページ制作へと成長するのです。

ただしこのグーグルアナリティクスの利用は非常に難しいものになっているので実際にそこまで有効活用されるというのは稀なケースのように思われます。

そこで今回はこのグーグルアナリティクスを活用までは行かなくてもしっかりとチェックをしていくことのメリットについてご紹介をいたします。

グーグルアナリティクスとは

グーグルアナリティクスとは

グーグルアナリティクスを導入していますか?

現在このグーグルアナリティクスは、ホームページを制作したら当たり前のように導入されるツールになっており、しっかりとこれらのツールを導入していること、そしてその後しっかりとこのグーグルアナリティクスを活用していくことで御社のホームページ制作は成功するのです。

そしてこのグーグルアナリティクスは、基本としては、非常に重要なツールの一つになっており、このデータを利用することで、ホームページ運営が勘や経験などによるものではなく数値データを活用した効果的なものになるのです。

ただしこのツールにおいては実は操作が非常に難しいものになっていて、これらのツールを見ても意味は分かっても、これらのデータを見て改善につなげることは非常に難しいものになっており、グーグルアナリティクスは豊富なデータを提供している分、それらのデータの関連付けなどは自分で行う必要があり、これらをしっかりと行うことで御社のホームページ制作は成功するのです。

初めての場合は全体と個別である程度把握

初めては全体と個別である程度把握

そしてこのグーグルアナリティクスを初めて利用される方は、まずはこれらのデータを見て慣れることから始めなくてはなりません。

この慣れるという点でいきなり細かく見ていくのではなく、まずはホームページ全体の概要を把握するようにしましょう。

例えばホームページ全体で何人の人が来ているのかや、一人の訪問者が大体平均で何ページ見ているのかなどを把握することがホームページ運営のスタートラインになっていると思います。

実際に弊社にホームページ制作のご相談をいただく際に、非常に残念ですが、大半の方がグーグルアナリティクスを見たことがないとおっしゃられます。

これは非常にもったいないものになっており、しっかりとグーグルアナリティkスウのデータを見ていくことで、本当に効果的な対策が取れるようになり期待以上のホームページ制作の成果に成長できるのです。

そしてこれらのデータを使ってホームページを改善する際にはホームページ全体のデータだけではなく、各ページを個別で見ていく必要があります。

このデータを個別で見ていくことで、基本的にはどのページに問題があるから成果が出ないのかが分かるので効率の良いホームページの成果向上対策が行えるようになります。

このどのページに問題があるかについては、基本的には直帰率を見ていくことが重要になっており、この直帰率が高いページを改善していくことで、1ページしか見ていなかったユーザが複数ページを見てくれるようになり、成約数が増えるので、成約率も大きく高まるようになっているのです。

ただしこの直帰率が高いページのどこに問題があるかについては、他のデータと連結させながら検討することが必要になっているので、もし本気で取り組む場合には他のデータを見ながらホームページが抱える問題点を明確にしていくことで期待以上の成果を得ることが可能でしょう。

リニューアル前にグーグルアナリティクスを見よう

リニューアル前にグーグルアナリティクス

そしてホームページリニューアルを行う前にしっかりとグーグルアナリティクスのチェックをしていただくことは本当に大切になっております。

どういうことかというと、実際に弊社はホームページ制作を大阪で行っているのですが、このホームページリニューアルのご相談をいただき、お仕事を受注してから実はそのホームページはリニューアルが必要がなかったということが多くあります。

そしてその場合に、リニューアルをやる気でもうリニューアルを行わないといけない場合や、社長決裁を取ってしまっていて、引き下がれないということは確かにあるのですが、もしリニューアルが必要がない場合は辞めたほうが良いこともあるのです。

どのような場合かというとホームページリニューアルを希望されており、ホームページから成果が出なかった場合に、成果が出ない理由を訪問者数が足りないからと決めつけ訪問者数を増やすためのリニューアルを行う場合になります。

そして実際にアクセス解析のデータを見てみると、検索結果ページから非常に多くの訪問者が来ている場合になっておりこの場合リニューアルを行ったからと言って訪問者数がまずありません。

もちろんご依頼をいただければ、少し訪問者数が増えるように対策は行うにしてもそれは費用対効果の高い対策とは言うことができず、それよりも集客対策に予算を使ったほうがより良いホームページ運営となるのです。

このようにグーグルアナリティクスを見ることでこれらの改善点が明確になるので非常に効果的な施策を行うことが可能になり、御社のホームページ運営効率を大きく向上させることが可能なのです。