グーグルアナリティクスを導入することは本当に必要なものになります。

このグーグルアナリティクスは一言で言うならば、ホームページの健康診断ツールになっていて、この健康診断ツールを利用することで、ホームページの問題点を発見し、改善することが可能になっています。

ただし、問題点というのも、問題のあるページを発見できるだけにとどまっており、具体的にこの箇所が悪いというところまでは分からないのです。

しかし闇雲にホームページ運営を行い続けるよりもその効果は飛躍的に高いので、ぜひ導入したほうが良いツールになっています。

グーグルアナリティクスとは

グーグルアナリティクスはアクセス解析

グーグルアナリティクスとは一言でいうとホームページの分析ツールになっており、この分析ツールを利用することで、ホームページが抱える問題点を発見することが可能です。

この問題点の発見については、健康診断と同様で、健康診断などを受けると、この数値が高いということは分かりますが、その改善方法は憶測でしかすぎないのです。

ホームページのグーグルアナリティクスも同様に、このページのこの数値が低いので改善が必要であるということまでは分かるのですがその具体的な改善方法は推測になっております。

しかし、この数値データから問題になっているポイントが分かるので、さらにさまざまなデータを見たり、実際のブラウザでホームページのチェックなどを行いながら、問題がありそうな箇所をメモしていき、その対策を一気に行うのではなく、少しずつ行っていくことで、ホームページの成果は改善されます。

基本的には、グーグルアナリティクスを利用したホームページ運営については、仮説と検証が大切になっているので、この仮説と検証をしっかりと行い続けることで、御社のホームページの数値は飛躍的に改善され、御社の期待通りの成果まで向上いたします。

> グーグルアナリティクスを使ってみる

ただし最低限のアクセス数は必要

ある程度のアクセス数が必要

弊社でも実際にグーグルアナリティクスのコンサルティングサービスを提供しているのですが、実はこのサービスにお申し込みをされる会社さまのホームページに、そもそもほとんど訪問者数がいないということがあります。

この訪問者数がいないというのはもちろんグーグルアナリティクスのデータを見て把握していくのですが、この場合グーグルアナリティクスの役割はそこで終了になっています。

基本的にはこのグーグルアナリティクスは、アクセス数がいない場合にはほとんど意味がないものになっていて、しっかりとアクセス数のあるホームページへと成長させる必要があり、そしてある程度のアクセス数が獲得できるようになれば、グーグルアナリティクスを利用すればいいでしょう。

まずはSEOをそしてその後直帰率を

SEOをして直帰率の改善

そしてこのグーグルアナリティクスを活用するにはある程度の訪問者数が必要になるのですが、一般的にこの訪問者集客施策は、SEO対策が多く好まれると思います。

このSEO対策を行うためには、ホームページ内のページ数をまずは100ページを目指して作成して、その後にライバルサイトとのページ差を確認して、そこから少しずつ被リンク数を増やすと良いでしょう。

そして次に、それらが終わった後、自分の訪問者数を見て、狙ったキーワードで上がっていないや、訪問者数が足りないとなったら被リンク対策を行います。

そうすることで、少しずつですが検索エンジンから評価されるホームページへと成長するのですが、そこで初めてグーグルアナリティクスの利用が可能になります。

ここまで来れば後はSEO対策の作業を少し継続していくこと、そしてさらにはホームページの状態をグーグルアナリティクスを使うことで改善していくことが可能になり、ホームページの成果を高めることが可能なのです。

なぜそれほどの訪問者数が必要になってくるかと言うと、基本的には例えばトップページに月間10人しか訪れないようなホームページでは、直帰率を見てもその数値がどれくらい正確化が分からないので、10人を月間で言えば1000人以上には増やす必要があります。

そうすることで、アクセス解析のデータは飛躍的に正確なものになり、御社の期待を超えるようになるのですが、これらを行うことは本当に大変なものになっています。

このホームページの改善においては、まず見ていただきたいのは直帰率になっていて、基本的には直帰率の高いページ順に並び替えて、高い数値だけに限定をして、そしてそのページで入口回数の多いページが改善が急務のページになっています。

そして問題のあるページが発見できたと思いますので、そこから先は滞在時間を見たりしながら、そのページのどこに問題があるのかを把握して、その箇所をユーザ目線でチェックしていくことで、改善法が導き出されるのです。

そしてもちろん1度の改定でホームページのデータが飛躍的に向上するということはありませんが、とにかく仮説と改善、検証を繰り返して行うことで、御社のホームページは少しずつ成果を高めていき、期待以上の成果の出るホームページへと成長致します。