ホームページを制作して、SEO対策を行っている際に、SEO対策の効果が思ったほどでないから、被リンク対策を少し始めようと考える方は多いと思います。

そしてこの被リンク対策は当然ですが、1つ被リンクを付けたくらいで成果を出せるものではなく、複数の被リンクが必要になるのですが、そうなったときに結構あるのが数が足りないから検索順位が上がらないのであれば、大量に被リンクを行おうと考えることになります。

確かに被リンク対策は別に悪いことではないですが、この大量に行う被リンク対策は問題があるので、しっかりとこれらを制御しながら被リンク対策をしなくてはなりません。

そこで今回は、効果が中々でないからと言って、過剰な被リンクを行わないことをご紹介いたします。

過剰な被リンク

過剰な被リンク対策

過剰な被リンク対策とはどのようなものになるのでしょうか。

この過剰というのが結構難しいものになっていて、どこまでを過剰というかの線引きが本当に難しくなっております。

ただ、この線引きを推測でも良いので、ここまでなら大丈夫と明確にしていくことが重要になっており、これらをしっかりと線引きしていくことで、過剰な被リンク対策を行わないようになるのです。

では、一般的に弊社が考える過剰な被リンク対策とはどのようになっているのでしょうか。

これらの過剰な被リンクを行わないことが重要となるのです。

弊社の考える過剰な被リンク対策

弊社の考える過剰な被リンク

弊社では以下のような被リンクを過剰だととらえ、範囲内で被リンク対策を提案しております。

それはまず、被リンクは基本的には1記事あたり1つ以内と定めることが大切です。

これは2つなら問題なのかと言われると、問題ないかもしれませんが、一時被リンク対策でアメブロなどを利用して、1ページに大量に自社サイトにリンクがあることが流行ったので、その対策でかなり1ページの被リンク数は見られている可能性があるのです。

そのため、もちろんユーザのためには2つあったほうが良いという場合は2つでも問題ないですが、しかし基本は1つ以内に抑えて被リンク対策を行うことで、安全な被リンク対策とすることが可能です。

そしてさらにはこれも大切になるのですが、被リンク元のページの原稿量に注意が必要です。

これまで数多くのホームページに対して被リンク対策を行ってきたのですが、グーグルは被リンク元のテーマと被リンク先のテーマを合わせることが大切だと言っていますが、おそらくこの効果は比較的弱く、被リンク元のホームページのSEO効果の方が大切になっていると思われます。

そのため、闇雲にただリンクが張っているだけに近いページをどんどん作成していくのではなく、しっかりとした文字数でページ作成を行うことが重要になってくるのです。

そしてこれらを徹底して行うことで、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まり、お客さまの期待を超える成果を出せるようになるのです。

そして最後に1ドメインあたりの被リンク数ですが、これについては弊社ではあまり気にしなくていいと思っております。

もちろん気にしなくていいと言いながら、自分で外部に無料ブログを作成するなどの場合には、関連性を高めたほうが良いですが、しかし関連性があるからと言って、必ずしも効果が出るとは限りません。

そのため、自分で行うときは基本的にはホームページと同じテーマのページを作成していき、これは微妙にプラスになる程度に捉えて置き、どちらかというと、それぞれのページのSEO価値が高まることを考えることの方が重要になっております。

そして最後に、被リンクドメイン数を意識することが大切になっています。

これは本当に大切なものになっており、例えば被リンクサイトを1つ制作した後そのドメインに固執することはあまり良い対策と言えません。

例えばですが、大体20記事をその時の成果が恐らく限界値に近い被リンク効果であると認識することが大切で、そこから先はそのドメインではなく、別のドメインで被リンクを行うと良いでしょう。

ただし、上がらないと言っているのではなく、上がるにしても微増であることが多いようになっていると思いますので、その場合には新規ドメインでホームページを作成してそこから被リンクを行うことで、効果的な被リンク対策になるのです。

ユーザのための被リンクを

ユーザのための被リンク

そして闇雲な被リンク対策としないためにも、基本的な考えとしては、被リンクを張るときはユーザ目線で掲載していくことが大切です。

ただこのユーザ目線の被リンクは本当に難しいものになっていますが、しかしある程度被リンクサイトを運営していればざっくりと理解していくことができるものになっております。

そしてとにかく被リンク対策を行う際には被リンク元のホームページをしっかりとユーザのために作成することが大切で、このユーザ目線のホームページ制作はすべてが効果が出るのであればよいのですが、実際に出ないホームページもあるので、かなり大変だと思われます。

しかし、大変でもやることが大切になっているので、しっかりとユーザのためにページ作成を行い続け、そして程よく被リンクを行うことで、御社の検索順位は飛躍的に高まります。